2011年10月24日

中国2度ひき逃げされた中国2歳女児死亡、18人見て見ぬふりの後、助けた女性には120万円の報奨金

中国広東省仏山市で2度にわたって車にひき逃げされ、
通行人18人にも救助されずに瀕死(ひんし)の状態で、
病院に運ばれた2歳の女児が、事故から9日目の21日未明、
多臓器不全のため死亡した。

また、この19人目に、この女児を助けあげたゴミ拾いで稼いで暮らしている
という女性に渡されたのは何と10万元(約120万円)。
渡したのはとある企業との事です。

またその女性に対して、行った周りの行為は・・・
この女性の名は陳賢妹(ちん けんめい)さん(58才)。
2度ひき逃げにあい血まみれになっていた女の子を救助した女性だ。
事件が事件だけに彼女は一躍有名人に。
だが、その状況が面白くなかったのか、一部の心無い市民から「売名行為だ」
「有名になりたかったからやったんだろう」と激しく非難されている。

2番目にひいた男は13日に、最初の男も16日に逮捕された。
調べに対し、最初に轢いた男は、
ひき殺した場合は1500ドル払えば済む話だが、
生きていたら最低でもその10倍の金額を支払わなければいけない」と答えている。
つまり払う罰金が勿体なくて2回轢いたのだ。

まあ、この事故を聞いて、まともな社会だと思う日本人は皆無だろう。
これが中国人の今の現状。
この社会をどう信じて、どう付き合えと言うのか?

この2歳の女の子がどんなに苦しんだかと思うと、涙が出てくる。
また両親は子供を轢かれて、どんな思いでいるかって、
なぜ18人もの人間が何も考えずに通り過ぎることができるのか。
中には子供連れの女性もいた。
その子供がその光景を見て泣き出して、怖くなって逃げたのだそうだ。

はっきり言って、私はこの事故を知った時、
涙が出て止まらない状態になった。
普段、どんなことが起こっても泣かないのに、なぜか涙が出て止まらない。
2歳の女の子の可哀想さも勿論なのだが、
人間の姿をした人形がいる中国社会が、世界のこの中に存在するのだ。

世界の中で唯一、、中国の中でもこの地域だけ。
人間として私が願うのは、こういうことができるのが、
ごくほんの一握りの人間だけだと思いたい。
でないと、中国にミサイルでも打ち込みたい気分である。
posted by りょう at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

2011年の一発屋は誰?2003年(ダンディ坂野)2004年(波田陽区)2005年(長州小力)2006年(レイザーラモンHG)2007年(ムーディ勝山)2008年(エドはるみ)2009年(髭男爵)2010年(Wコロン)

世の中の波の荒々しさはどこも激しいもんであるが、
その中でも一番浮き沈みが激しい世界がある。
それは、芸能界の中でも、お笑い部門。

売れることがないと、月収10万円にも満たない芸人がゴロゴロいるが、
いざ売れて、週にテレビ10本も出るくらいになると、
月収は楽に100万を超えてくるとか。

よく吉本興業のギャラの配分比率は、会社:芸人の比率が9:1と言われるが、
それでもそんなにもらえるのだから、その額はとてつもないもんである。
今年、その一番顕著な例が昨年M-1準優勝の「スリムクラブ」であろう。

そして、この時期、よく囁かれる話題。
誰がその厳しいお笑い芸能界を生き残っていくのか?
一発屋は誰?ってこと。


かっこいい和柄プリントTシャツ【一発屋(縦書)】書道

タイトルにもしましたが、私自身が代表的だと思っている、
一発屋芸人を年代順に列記します。

2003年(ダンディ坂野)
2004年(波田陽区)
2005年(長州小力)
2006年(レイザーラモンHG)
2007年(ムーディ勝山)
2008年(エドはるみ)
2009年(髭男爵)
2010年(Wコロン)

そして、2011年・・・
もう既に、その陰りは出てきていますね。
その名は「楽しんご」。


1日1分の簡単エクサで、目指せラブ注入ボディ 楽しんごの1分整体ダイエット

既にこの時期にもう決まってしまっているのがすごい。

彼(彼女?)が既に落ち目になっている原因は私は考えられるのは一つだけ。
まあ、今までの一発屋芸人にも言えることであるが、
自身の生活の話題ネタで、他人を引き込む話術を持っていないこと。
そういう点では今年ブレイクした「スリムクラブ」の真栄田なんて、
そういう話術に長けていますよね。

「ドドスコスコスコ、ラブ注入!」
今やると、もう恥ずかしくなってきている一発芸。

まあ、本業(整体師)が彼の場合、順調にやっていけるでしょうから、
これで消えていっても、問題はないでしょうけど。

来年は誰がブレイクして、消えていくのかな(^^)


芸能界「一発屋」外伝
posted by りょう at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

タワー・オブ・テラーに「恐怖倍増」新プログラム導入(東京ディズニーシー・アトラクション)

オリエンタルランドは9月30日、東京ディズニーシーの人気アトラクション
「タワー・オブ・テラー」で、「恐怖倍増」の新プログラムを、
来年1月4日〜3月16日まで導入すると発表した。

disneysea_atraction14.jpg

タワー・オブ・テラーは、大型エレベーターに乗って
垂直落下を楽しむアトラクション。
新プログラムでは、落下回数が増える上、新たな特殊効果も加えて
「恐怖と絶叫の渦に巻き込む」という。

私も今年年始に行った時に乗りました。
2011年年始「東京ディズニーリゾート」攻略記事はこちら!


ドリームス オブ 東京ディズニーリゾート 25th アニバーサリーイヤー マジックコレクション

実を言いますと、落下の絶叫系って苦手な私(^^;)
なので、急流すべりとか、
上下の落差の激しいジェットコースター駄目なんです。
ってその恐怖に怯えながらも乗ってしまうんですけどね。
自殺も飛び降り自殺なんて絶対でけへんやろな。

逆に平気なのは、横Gのきつい絶叫系。
昔から六甲山をGTOで攻めてた影響からか、全く平気。
東京ディズニーリゾートやと「スペースマウンテン」は、
大のお気に入りです。

しかし、このタワー・オブ・テラーは乗ってる時は怖かったけど、
今となってはもっかい体験したい病み付きさ。
ディズニーシー1番人気のアトラクションなので、
1回しか乗れなかったが、ストンって落っこちてみたい。


メモリーズ オブ 東京ディズニーリゾート 夢と魔法の25年 ドリームBOX

参加への条件は「ゲストの皆様の勇気です」と同社。
東京ディズニーシー「最恐」アトラクションは最強となり得るか?
posted by りょう at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。