2011年09月23日

中国政府、600年の歴史がある浙江省金華市「犬肉祭り」を禁止

ここんところ、中国ネタが多いですけど、
なんでこうもまあ、こんなことがってこと多いですので、
取り上げる機会が多いですね。

今回はこんなネタ。

中国政府は、同国東部の浙江省金華市で毎年10月に行われる伝統行事、
「犬肉祭り」の開催を禁止した。
犬を殺して食肉にする同行事は約600年続いていたが、
残酷だとの批判を受けて中止になった。


中国人の胃袋

「祭りは1980年代に残酷にその場で殺して食べることのない、
近代的なものに変わったが、犬肉を食べるのは伝統として残っていた」。
ただ数年前からは、犬の肉が新鮮かつ安全であることを示すため、
公衆の面前で犬を解体することも行われていたという。

祭りの画像が中国版ツイッターに出回ったことが、
政府による中止命令につながった模様である。

まあどんなものを食うかは、その国の文化であるから、
それをとやかく言うことはできないと、私は思いますけどね。
日本でも、鯨やイルカを食べる習慣ありますけど、
そんな習慣のない国から見れば、なんて残酷な話!ってなりますし。


世界屠畜紀行

しかし、そんな殺戮ショー的なことはやるべきではないです。
犬を食べるなら、精肉店の奥ででも解体し、ひっそりと食すべき。
この政府からの禁止令はもっともだと思いますが、
犬食をやめろっとまでは思わないですね。
posted by りょう at 10:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事的出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IKEA(イケア)が、買い物嫌いの旦那や彼氏に朗報!男性休憩コーナーを設置

ショッピング好きの女性に付き合わされる男性も非常に多いでしょう。
それが食料品や生活雑貨ならまだしも、
女性用の衣料品を買うのになんで俺が付き合わされるねんって、
思う方も多いかもしれません。

私もまあそうですね、服なんか買うのには絶対付き合わされるの嫌やし、
そんなとこへ連れて行かれそうになるなら帰ります。

しかし、部屋のインテリア、家具買うのに、
それは一緒に使うもんやから、渋々付き合わなければなりませぬ。
家電とかは興味ある私ですが、家具インテリア系は無頓着なわたくし・・・


IKEAのある部屋

そんな私みたいな男性にIKEA(イケア)がやってくれました。
その名は「MANLAND」。
買い物客の子供を無料で預かる「Small Land」コーナーの大人版です。
ゆっくりとソファに座って本を読んだり、アーケードゲームや、
XboxとKinectで遊んだりでき、軽食も用意されています。
そして、30分経つと連れの女性に渡されたブザーが鳴って、
迎えの時間が来たと知らせるようになっています。

これで色々迷う女性に付き合う必要ありませんね(^^)
大体、候補が決まった時点で、一緒にみりゃええんです。

しかし、これ、まだ日本の話ではありません。
MANLANDはテストとして、オーストラリアの店舗で、
4日間テストオープンしたのみです。
しかし、本格導入を望む男性は多いのではないでしょうか。


IKEAの収納インテリア

早く日本でもテスト導入して欲しいです。
そういう男性って、西洋よりも日本の方が私は多いと思いますよ。
私もずっと延々と「早くホットドッグ食べにいこ〜」って言って、
不機嫌になられずに済みます(^^)
posted by りょう at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事的出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

トヨタ初の軽自動車「ピクシス スペース」9月26日発売

トヨタ自動車が子会社のダイハツ工業から、
OEM(相手先ブランドによる生産)供給を受け、
売り出すワゴン型の軽自動車「ピクシススペース」が、
2011年9月26日に発売される。
トヨタが自社ブランドで、軽自動車を売り出すのは創業以来初めて。
今まで一貫して軽を作らなかった自動車会社がなぜ?

トヨタの販売の主流サイドは、これまでクラウンやマークXなど、
車に対してステータスを持つ年代の人間によって支えられてきた。
しかし、そういった顧客が高齢化するに伴って、
軽自動車などに乗り換えるケースが目立ってきており、
販売台数を維持するのが困難になっているのが原因とのことだ。
また、地方都市のように、軽自動車しか売れない地域もある。
日本では税制上のメリットから軽自動車人気が続いている。
こうした顧客を取り込みたいのも今回の販売に繋がった。

しかし、子会社で軽最大手のダイハツ工業に配慮したのか、
ベースになるのは ダイハツ「ムーヴコンテ」で、価格は112万〜161万円。
トヨタ独自のキャラクター付けはされないようで、
実質的にはダイハツ「ムーヴコンテ」に、
トヨタエンブレムを貼りつけただけのものである。

その実質的に競争相手になってしまうダイハツに配慮してか、
当面はテレビCMを流さず、車の展示店舗も限定するなど、
静かなスタートになるようだ。 

今後、ムーヴコンテの他にもハイゼット(軽商用車)など、
ダイハツから計3車種についてOEM車の導入が検討されている。

トヨタは、そのポリシーを貫くかなと、私は思っていたんですけどね。
まあ、生活が苦しい人間が増えているこの現代の世の中。
軽に対する税制が変わらない限りは、今後も自動車の中での、
軽の販売率はどんどんあがっていく気がします。
トヨタもこの流れには逆らえないですね。
posted by りょう at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事的出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。