2011年09月22日

蒼井そら、満州事変の発端となった柳条湖事件の日に「超ハッピー」とつぶやき、ブログが炎上

日本でもAV女優出身のマルチタレントしても有名な蒼井そら。
現在でもAV女優を続け、活躍している。
しかし、彼女の人気は日本よりも中国で旋風を巻き起こしており、
2011年1月20日には中国語デビューシングル「毛衣」を、
配信限定でリリースした。
また、中国のユーザーは、蒼井そらを
「膜拝(女神様)」
「性の師匠・蒼井空老師(蒼井そら先生)」
と呼んでいる。


未開封新品DVD「蒼井そら ネイキッドビーナス」

彼女自身も、その中国での人気に応えようと、中国語を勉強し、
自身のミニブログ「微博」(中国版ツイッター)を開設。
蒼井そらの微博のフォロワーは580万人を超え、
中国、若者の支持を得ているのだ。

その蒼井そらが、その「微博」で、柳条湖80年の日、9月18日に、
Vサインの写真入りで「超開心(超ハッピー)」とつぶやいたのだ。

はっきり言って、そんな日とは分からず、何か幸せなことがあって、
そうつぶやいたのだろう。
しかし、満州事変の発端となった柳条湖事件に関しては、
中国人は、小さい頃から忘れてはいけない日と教育され、根付いている。
その日に、日本人がそういう発言をしたということで、
フォロワーらからの評論(コメント)は、
1万件を超えるなど、蒼井さんの微博は「炎上」している。

蒼井そらはその後もつぶやきを続けているが、
物議を醸した発言について反応を出していない。

今回の蒼井そらさんの発言は、柳条湖事件の日だなんて、
全く心の隅にもそんな日と思わなかっただろう。
それは私もそうである。
その事件がどういうものだったかは知っているが、
起こった日なんて憶えちゃいない。
それを揚げ足とる中国人の思想に疑問が湧く。

日本が第二次大戦時、中国を侵略したという歴史的背景は、
遡って覆すことはできない。
しかし、それは「元寇」という鎌倉時代まで遡るが、
逆の例もあるのだ。
要はお互い、そういう過ちを犯しているのである。

そういう過去は決して忘れて風化してはならないし、
また未来へ、2度とそういうことが起こらないよう、
子供を教育していくことが必要である。
過去を忘れるなってのは、恨みを持てってことではなく、
そういうことではないかと私は思うのだがいかがだろうか。
posted by りょう at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

失踪のJR北海道「中島尚俊」社長か、小樽沖に男性遺体見つかる

18日午前7時55分頃、北海道小樽市オタモイ海岸から、
約1キロ沖合の海上で、男性の遺体が浮かんでいるのを、
プレジャーボートに乗った釣り人が見つけ、118番通報した。


JR北海道 ED79-0形電気機関車(シングルアームパンタ搭載車)

遺体は、身長約1メートル70〜80で、
紺色系のスラックスにベージュ色系のカッターシャツ姿だった。
道警幹部などによると、当時着用していた服装などから、
12日から行方不明となっているJR北海道の中島尚俊社長(64)とみられ、
道警が身元の特定を進めている。

行方不明となっているJR北海道の中島尚俊社長が、
自宅に残していた遺書とみられる十数通の書き置きのうち、
同社の労組関係者に宛てた1通の内容が17日、判明した。

書き置きは、同社が社員に違法な残業をさせていたとして、
今年7月に札幌中央労働基準監督署から是正勧告を受けたことに触れ、
「申し訳ありませんでした」などと謝罪が記されていた。

トラブル、不祥事続きのJR北海道であるが、
トップの自殺という最悪の結果が濃厚そうである。


残酷な世界で生き延びるたったひとつの方法

ちょうど、このトラブルが度重なって起こっていたとき、
私はちょうど北海道にずっと滞在していたのだが、
駅で結構、揉めているのを見ましたね。
電光行き先案内掲示板でも遅れとか、休止の文字が。

なにかしらあって、遅れるのは仕方ないと思う。
その点、日本人って厳格過ぎなのだ。
ただ、事故発生時のマニュアルがしっかりしていない、
乗務員が乗客を正しく避難誘導できないなんて言語道断です。

しかし、中島尚俊社長にはもっと頑張って欲しかった。
確かに矛先は非常にきつかったかもしれない。
でも、きついならしっかり後任に引き継ぐなりして、
身を引くって手もあったと思う。
自ら命を絶つまで、思い詰めて欲しくなかったですね。
ご冥福をお祈りいたします。
posted by りょう at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

長沼勇也容疑者、日比野茜さん傷害致死の容疑で再逮捕(京都府八幡市スーパー駐車場死体遺棄事件)

京都府八幡市のスーパー駐車場の軽自動車内で、
岐阜県出身で捜索願が出されていた日比野茜さん(34)が、
軽自動車内、一部白骨化した腐乱死体で発見された事件。

この死体遺棄の容疑で逮捕されていた 長沼勇也容疑者(23)を、
京都府警は日比野さんに対する傷害致死で再逮捕した。

crm11091422290040-n1.jpg

再逮捕の容疑は、6月29日〜7月1日、大阪府枚方市のホテル室内で、
日比野さんを突き倒して転倒させるなどして、
頭部打撲による頭蓋内出血で死亡させたとしている。

府警によると、長沼容疑者は「日比野さんが隠し事をしていて
口論になった。突き倒して頭を打ったのは間違いないが、
死んだ理由は分からない」と供述している。

遺体は一部白骨化するまで損傷が激しく、
司法解剖でも死因は不明だったが、府警は日比野さんが転倒後、
吐き気などを訴えたとする長沼容疑者の供述を踏まえ、
当時頭を強く打ったことが死亡につながったと判断した。

この事件を最初聞いた時にはぞっとしましたね。
私も全国、あちこち車中泊旅をする人間であるけれども、
その車内にいくら知ってる人間といえど、
この長沼勇也容疑者は、その遺体と一緒に過ごしていたんですよ。
それも日々、腐敗していく、ひどい臭いの元恋人の姿を目にしながら・・・

まあ、普通、常識ある人間ならば、まあ口論で暴力をふるい、
死なすつもりはなかったので、
はずみでそうなってしまったってあるかもしれない。
ただ、そうなると、まずは病院搬送って考えるのが常識。
そして、自分がやったと警察に逮捕される流れになりますね。

それが性格歪むと、死んでいると分かると、どこかに遺棄するでしょう。
同じ、車の中にそのまま放置するなんて考えられない。
精神、おかしかったんでしょうかね。
posted by りょう at 04:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 社会事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。