2011年10月26日

救急搬送されたglobe・KEIKO、くも膜下出血で手術 1ヶ月の入院予定、小室哲哉がコメント

音楽プロデューサー・小室哲哉(52)の妻で、
歌手のKEIKO(39)が24日夕方、都内病院に救急搬送されたという
一部報道に対し、所属事務所のエイベックス・マネジメントが25日、
病状を公表した。
「くも膜下出血」と診断されたKEIKOは25日未明から、
5時間にわたる手術を受け、無事成功。
現在は意識が戻り、1ヶ月の入院を予定している。


globe/get it on now feat.KEIKO

同社によると、KEIKOは24日夕方、首の後部に激痛を訴え、
立つこともつらい状況となったことから小室が救急車を呼び、
都内病院に緊急搬送されていた。

夫の小室は「このたびはご心配をおかけいたしまして申し訳ございません。
病院関係者の皆様のご尽力のおかげで、手術も無事成功いたしました。
KEIKOも精一杯頑張っておりますので、
引き続き見守っていただければと思います」とコメントした。
(以上、yahooニュースより引用)

まあ、このニュースを聞いた時に思ったのは、
後遺症が残らないのかなってこと。
脳にダメージがあると、歌を歌うのも障害が残らないのか、
ちょっと心配になりますね。

しかし、まだ39歳で「くも膜下出血」って聞くと、
私自身にもいつやって来るかって思います。
もしそうなったら、誰も助けに来ないような所でなりたいな・・・
後遺症が残るようなくらいなら、
そのまま死んだほうがええって考える人間です。

人間、誰でも自分の最後って考えますよね。
先日、両親と会う機会があり、そのようなことも話したのですが、
親とすれば、子供が先に死ぬなんてことは考えもしていません。

しかし、母親の友達の息子が、酒飲む席で倒れて、
現在植物状態になってるって話も聞きました。
その方とは、私も子供の頃、一緒に遊んだことが何回もあります。
私より一つ年下の方です。
もし私がそういう状態になったら、生命維持装置外して、
そのまま死なせてくれって親には伝えました。

先日の震災もそうですが、人間、いつ死ぬか分かりません。
身辺整理はしておいて、自分にもしものことがあったらってのを、
きちんと自分が一番信用できる人間に伝えておくことが必要でしょうね。
posted by りょう at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。