2011年09月13日

田中将大は斎藤佑樹なんて度外視、ライバルなんて思っちゃいない

まあ、プロ野球ファンでなくても、全国規模の注目となったでしょう。
私もあまり野球に興味はありませんが、
この対決の結果は興味がありました。
高校野球時代、甲子園の因縁の対決、
それは、9月10日に行なわれた楽天イーグルス対日本ハムファイターズ、
田中将大投手と斎藤佑樹投手の「ライバル」対決です。

斎藤佑樹もプロ入りして初めての完投をするなど健闘したが、
結果は楽天イーグルスが4-1で勝利。
その田中将大は最終回に押し出しで1点を取られたものの、
斉藤以上、圧巻のピッチングを見せた。

田中将大の、この試合にかける気迫は鬼気迫るものであったのだ。
それはなぜか???

田中将大、斎藤佑樹、2人の話になって、
必ず取り上げられるシーンが1つあります。
高校野球、夏の甲子園、再試合の最後のシーン、
斉藤が田中を三振にとるシーンだ。

このシーンばかりを流されるのに、相当、田中は嫌気さしてたんですね。
自分はいつも斉藤に負けているようなイメージを持たれるのをです。
なので、この試合はどうやっても勝つ必要性があったのだ。

「ライバル」と煽るマスコミ、ファンに対しても
「これでもまだ俺と斉藤を比較するのか?」
といわんかごときの圧倒的なピッチングだった。
最終回に押し出し四球で1点を失うと、
悔しさのあまりマウンドにしゃがみこんだほどです。

そして試合後のインタビューでもそれは顕著に現れた。
記者「お互い切磋琢磨してきたという気持ちは?」
田中「正直ないです。(大学とプロと)住む世界が違うので、
そこは違うと思います。面白くないと思いますが、ないですね」

はっきりと、お前ごとき、俺と比較される対象ではないと断言したのだ。
田中将大は、斎藤佑樹をライバルなどとは思っていない。

私はこの試合はダイジェストで見たにすぎないが、
2人の差は、田中が言うように、相当あると思いますね。
まず、体のつくりが高校時代とは段違いに違います。
下半身の成長力が、田中将大の方がしっかりしているのだ。
その分、球威の差が明らかに違ってきています。

この2人、はっきり言って、仲がいいわけではありませんし、
これからも直接対決の度に、比較されるでしょう。
まだまだ、面白い対決になりそうです(^^)
posted by りょう at 05:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225698620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。