2006年07月04日

サッカー 中田英寿選手 現役引退を発表

中田英寿選手の引退発表文要旨(公式HPから)
半年ほど前からこのドイツW杯を最後に約10年間過ごした
プロサッカー界から引退しようと決めていた。
最後のゲームになったブラジル戦の後、サッカーを愛して
やまない自分がいることが分かった。
最後の芝生の感触を心に刻みつつ、込み上げてきた気持ちを落ち着かせたのだが、
最後にスタンドのサポーターへあいさつをした時もう一度、
その感情が噴き上がってきた。
新しい旅はこれから始まる。みんなの声を胸に、誇りを失わずに生きていく。
みんなに心の底から一言を。ありがとう。
(共同通信)

2006日本代表背番号7の中田英寿選手のレプリカです!★公認マーキング★中田選手 adidas(アデ...
2006日本代表背番号7の中田英寿選手のレプリカです!★公認マーキング★中田選手


日本人で世界のスポーツに挑戦を挑んでこれだけ、
大成功を修めた人物はいないであろう。
Jリーグ、ベルマーレ平塚からイタリア、セリエAに渡り、いきなり初デビューで、
3得点をあげたとき、俺は狂喜乱舞した。
日本人で世界に通用するサッカー選手が現れたことへの喜びである。

中田英寿鼓動
中田英寿鼓動


俺は世界へ挑戦するスポーツ選手が大好きだ。
サッカーでも野球でもそんな国内でやってる競技に全然興味がないのだが、
F1は大好きなので琢磨ファンなのはもちろんこと、
大リーグや海外クラブでプレーするサッカー選手、
最近では女子ゴルフの宮里藍ちゃんなんかも動向に注目してる。

ボルトン携帯ストラップ『中田英寿』
ボルトン携帯ストラップ『中田英寿』


で話をもどしてヒデの話であるが、彼の海外で物事に取り組む姿勢には、
非常に感心していた。
イタリア語、そして英語を巧みに話すことができるというのは、
海外で活躍するスポーツ選手には、その地の言語を話すことができるのは、
必須であると思っている俺からすると、さすがだと尊敬の念を抱いている。
ただ、晩年はサッカーの実力自体に陰りがみえていましたね。
なので、この時期、29歳での引退とは見事な引き際だと言わざるえません。

最後のピッチ、ブラジル戦後にみせた、起き上がれない姿・・・
俺はあの雄姿を一生忘れることはないだろう。
孤高の戦士って言葉が似合います。

絶対彼は、これからも驚くべきことをやってくれると信じていますので、
是非注目していきたいですね。
posted by りょう at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。