2006年06月23日

ワールドカップ 日本 一次予選最下位敗退

さて、ブラジル戦、4-1の完敗でした。
まあ、今回は2点差以上つけて勝たなければならないという、
厳しい条件であったことから攻撃的にいかなければならなかった
のがこの完敗の原因でしょう。

もっと守備を固めて、日本得意のスピードのあるカウンター攻撃という、
戦略でいければ、これだけの得点差はなかったと思います。

やはり、オーストラリアに逆転負けを喫したのが、
大きかったでしょう。
あそこで引き分けでもしてれば、もっと結果が違っていたでしょうね。

最後、ピッチで起き上がれない中田英の姿がすごく印象的でした。
これが日本の力・・・そして、彼のワールドカップはこれで最後と
言われてるとおりなのでしたら、そうとうな想いが駆け巡ったんでしょうね。

また4年後、中田英の姿はピッチにあるでしょうか?
posted by りょう at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。