2011年09月22日

来週最終回の「渡る世間は鬼ばかり」えなりかずき結婚で激論勃発

本日2時間スペシャルを迎える「渡る世間は鬼ばかり」。
来週29日で、21年間続いてきたこのシリーズも最終回を迎える。
第10シリーズまでたどり着いた「渡鬼」。
出演した役者はのべ100人を超え、平均視聴率は、
21.4%(第9シリーズまで)を記録した。


[DVD] 渡る世間は鬼ばかり パート1 BOX4

さすがにこれだけ長く続いてきたドラマだけあって、
主役である岡倉の母親役「山岡久乃」、父親役「藤岡琢也」
という大黒柱が亡くなった危機を乗り越えての番組存続であったが、
その最終回へ向けても激論が勃発したのだ。

プロデューサー「石井ふく子」と脚本家「橋田壽賀子」との間に、
非常に深い、ドラマ進行の流れについて考えの相違が生じたのだ。

先週までのドラマの流れでは、「小島眞」役のえなりかずきは、
ようやく思い続けた恋が実って、結婚に至る流れになっている。


【送料無料】中華「幸楽」レシピ

しかし橋田さんが石井さんに、「眞(しん・演者=えなりかずき)は
結婚させない」と言ったとのことだ。
逆に石井さんは、「私はどうしても結婚させたかった。
だからさせないわけにはいかないから、今回だけは私の提案をのんで」
と返したらしい。
橋田さんは「じゃ、誰と結婚させるのよ?」って問いに、
石井さんは、「それは作家のあなたにお任せします」って返答。

ドラマと共に成長した眞(えなりかずき)だからこそ、
橋田さんの思い入れも強いのか、結婚させたくないみたいです。
母親役の泉ピン子も、わが息子に嫁をとらせたくないという姑心なのか、
収録中もなぜか機嫌が悪いらしい。


「渡る世間は鬼ばかり」岡倉さん家の人生いろいろ

私も最初の頃は「渡鬼」見てたんですけどね(^^;)
第4シリーズくらいまでかな?
しかし、今回最終シリーズってことで、何度か見てみたんですが、
ストーリ展開がさすがに真ん中抜けると分からない・・・
上の本を読んだりしたら、分かるのかな?
あらすじをネット上でチェックして見るだけじゃ面白くないですね。


お食事処「おかくら」レシピ

ただ、今日と来週は見てみることにします。
日本を代表するホームドラマ、一体どんな結末で終わるのでしょうか?


posted by りょう at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(地上波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほしのあき、交際中の競馬騎手 三浦皇成と12月に結婚!

グラビアタレント「ほしのあき」(34)と、
競馬騎手三浦皇成(21)が結婚することが21日、分かった。


2012スーパーヒットカレンダー ほしのあき最新版!

三浦皇成の強烈なアプローチによって成就。
2009年春から交際がスタートし、同年6月に交際が発覚。
年の差13歳、その交際は注目を浴び続けて、結婚の噂も何度かあった。

結婚届は三浦皇成の誕生日でもある12月19日が有力だとのこと。
今後は、三浦皇成の悲願のG1初制覇を、
13歳年上の姉さん女房がバックアップする。

ほしのあきの結婚・・・
私はずっと金持ちの実業家と思ってたんですけどね。
まさか、若手の競馬騎手とはね〜
ベビーフェイスの巨乳アイドル、はまる男性には堪らないですから、
あちこちでたくさんアプローチは受けていたでしょうが、
彼を選んだのはどうなのかな・・・
まだG1獲ってないが、低迷したら見限られるんじゃないかな・・・
posted by りょう at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蒼井そら、満州事変の発端となった柳条湖事件の日に「超ハッピー」とつぶやき、ブログが炎上

日本でもAV女優出身のマルチタレントしても有名な蒼井そら。
現在でもAV女優を続け、活躍している。
しかし、彼女の人気は日本よりも中国で旋風を巻き起こしており、
2011年1月20日には中国語デビューシングル「毛衣」を、
配信限定でリリースした。
また、中国のユーザーは、蒼井そらを
「膜拝(女神様)」
「性の師匠・蒼井空老師(蒼井そら先生)」
と呼んでいる。


未開封新品DVD「蒼井そら ネイキッドビーナス」

彼女自身も、その中国での人気に応えようと、中国語を勉強し、
自身のミニブログ「微博」(中国版ツイッター)を開設。
蒼井そらの微博のフォロワーは580万人を超え、
中国、若者の支持を得ているのだ。

その蒼井そらが、その「微博」で、柳条湖80年の日、9月18日に、
Vサインの写真入りで「超開心(超ハッピー)」とつぶやいたのだ。

はっきり言って、そんな日とは分からず、何か幸せなことがあって、
そうつぶやいたのだろう。
しかし、満州事変の発端となった柳条湖事件に関しては、
中国人は、小さい頃から忘れてはいけない日と教育され、根付いている。
その日に、日本人がそういう発言をしたということで、
フォロワーらからの評論(コメント)は、
1万件を超えるなど、蒼井さんの微博は「炎上」している。

蒼井そらはその後もつぶやきを続けているが、
物議を醸した発言について反応を出していない。

今回の蒼井そらさんの発言は、柳条湖事件の日だなんて、
全く心の隅にもそんな日と思わなかっただろう。
それは私もそうである。
その事件がどういうものだったかは知っているが、
起こった日なんて憶えちゃいない。
それを揚げ足とる中国人の思想に疑問が湧く。

日本が第二次大戦時、中国を侵略したという歴史的背景は、
遡って覆すことはできない。
しかし、それは「元寇」という鎌倉時代まで遡るが、
逆の例もあるのだ。
要はお互い、そういう過ちを犯しているのである。

そういう過去は決して忘れて風化してはならないし、
また未来へ、2度とそういうことが起こらないよう、
子供を教育していくことが必要である。
過去を忘れるなってのは、恨みを持てってことではなく、
そういうことではないかと私は思うのだがいかがだろうか。
posted by りょう at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。