2011年09月19日

ホンダ(HONDA)、またレース事業縮小、インディジャパン今年限り、佐藤琢磨も10位

レースファンにとってはまたまた悲しいニュースである。
2008年いっぱいでF1を撤退したホンダが、
1998年から毎年、ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)
で開催してきたレース「インディジャパン」が、
18日、最後のレースを迎えた。


グリーンライト 1/64 KVレーシング 佐藤琢磨 2011

今年のレースはオーバルコースが東日本大震災により損傷した為、
ロードーコースで実施された。
日本で行われるインディーカーレースが最後となるため、
日本人で今季唯一ずっと参戦している佐藤琢磨選手にも期待が集まった。

今季、オーバル、ロード、2度に渡ってポールポジションを獲得している琢磨。
日本でのレースは過去、F1でも素晴らしいリザルトを残しているため、
ここで初優勝もと観客みんなが希望を持って見守ったが、
結果は10位。
日本で開催される最後のインディカーレースを飾ることはできなかった。


インディカードライバー佐藤琢磨

ホンダは1997年に、米最高峰レースを日本で開催するため、
ツインリンクもてぎを開業。
ホンダのエンジンを搭載したマシンが好成績を残すことで、
技術の優位性を示す狙いがあった。

しかし、インディジャパンは毎年赤字で、開催効果も上がらなかった。
F1ファンほど観客は集まらず、マニアックなレースであったのでる。
今年2月には、ホンダの子会社、モビリティランド(三重県鈴鹿市)が
「昨今の経済環境の中、開催することは困難」と発表、今年限りと決めた。
今後も米国で開かれるインディカーレースへのエンジン供給は続けるが、
ホンダのDNAともいえるレース事業の縮小は、
自動車界の発展の停滞を意味することとなるであろう。

確かにインディカーレースを見ているって人間は少ないですね。
本当にコアなレースファンか、佐藤琢磨がF1からインディへ行くことで、
そのファンが見ているぐらいでしょう。

ホンダはやっぱりF1をすべきと私は思います。
現在、日本人ドライバーもトヨタの息のかかった小林可夢偉しかいません。
あとのレースドライバーが育っていないのです。
本田宗一郎が生きていれば、どんなに開発費がかかっても、
そのホンダスピリッツを賭けてきたでしょう。

ホンダユーザーである私は早いF1復帰を願っています。


posted by りょう at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

灘五郷酒造(大関・日本盛・白鹿・沢の鶴・櫻正宗・白鶴・菊正宗・剣菱)統一ブランドの純米酒発売

日本酒・・・
酒飲みでも、好きな人間と嫌いな人間と、
はっきり分かれるお酒はないのではなかろうか。
私は大好きは通り越えて、アルコール類のてっぺんですね。
ホントに美味しいと心から言える銘柄がいくつもあります。


贅沢でおしゃれな、日本酒の飲み比べセットです。贈答用にも最適!

しかし酒好きでも嫌いな人間は、周りにもたくさんいます。
ただ、それは安っぽい日本酒飲んで嫌になってる例が多いんですよ。
日本酒臭いって言われる酒を飲んでいるパターンです。
純米吟醸の美味しいのは、非常に香り高くてええんですけどね。

そういう「日本酒はとっつきにくい」とのイメージを払拭しようと、
神戸市灘・東灘の醸造技術者で作る「灘酒研究会」が企画。

兵庫「灘五郷」にある八つの蔵元が、統一ブランドの純米酒、
「灘の生一本」を10月1日に発売する。
品質基準を統一して審査しており、味や香りの違いも表示してある。
いずれも兵庫県産の酒米を使用しているが、「やや辛口」
「すっきり」などそれぞれ特徴があり、醸造元の違いを楽しめるようだ。

今回参加した8銘柄は以下の通り。
(大関・日本盛・白鹿・沢の鶴・櫻正宗・白鶴・菊正宗・剣菱)

発売価格は各720mlで1000円〜1500円。
まあ、純米クラスとすれば、平均的な価格であろう。

しかし、私はなぜ純米クラスのみにしたのか疑問。
日本酒は本醸造、純米、吟醸、大吟醸と各クラスがあるのだから、
せっかく8社が協力するのに、色んなグレードを3本くらいのセットにして、
飲み比べをできるような販売にすればええのにって思います。

ただ、この「灘の生一本」はどんなのか一度飲んでみたいですね。
また、10月になったら酒蔵めぐり行こうと思います。
2010年灘五郷酒蔵めぐりをした記事はこちら!
posted by りょう at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 新商品販売ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。