2011年09月17日

「みそチャップ」ケチャップタイプの味噌調味料「秘密のケンミンSHOW」で話題に

つい先日、9月16日の日本テレビ「秘密のケンミンSHOW」にて、
青森が生んだ、新しい調味料として紹介されました。
その名は「みそチャップ」。
日本人の長寿の秘訣「味噌」を和食以外でも食べられるようにした、
ケチャップタイプの調味料です。


生姜と味噌の万能調味料★秘密のケンミンSHOWに登場!かねさ【みそチャップ130g】

風味と旨みの強い津軽味噌に、生の国産すりおろし生姜、
砂糖、みりんを加え味を調えたもの。
青森では誰もが知っている「かねさ味噌」という、
お味噌屋さんによって開発されました。

青森では「味噌おでん」というB級グルメがありますが、
おでんに味噌をつけて食べる習慣があります。
これは甘辛い味噌ダレに生姜風味が効いているんですが、
このお味噌を、片手で開閉できる様、
マヨネーズタイプのボトルにヒンジ付きキャップを採用し、
使いやすさを追求したものである。

またおでん以外にも、ハンバーグ、玉子焼き、田楽、
サラダ、野菜スティック、冷やっこ、さばの味噌煮の味付けなど、
和食全般にどれでも合わせられるように作られています。

これを見たときに、お手軽に味噌味楽しめるから、
一つ、冷蔵庫に欲しいなって思いましたね。
自身としては、豆腐料理でちょっと味を濃くしたいときとかが、
一番ええかなって思います。

容量・数量:130g
原材料:米みそ、砂糖、しょうが、みりん、酢、食塩、酒精、微結晶セルロース
賞味期限:180日
参考小売価格:262円(税込)


posted by りょう at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(地上波) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ初の軽自動車「ピクシス スペース」9月26日発売

トヨタ自動車が子会社のダイハツ工業から、
OEM(相手先ブランドによる生産)供給を受け、
売り出すワゴン型の軽自動車「ピクシススペース」が、
2011年9月26日に発売される。
トヨタが自社ブランドで、軽自動車を売り出すのは創業以来初めて。
今まで一貫して軽を作らなかった自動車会社がなぜ?

トヨタの販売の主流サイドは、これまでクラウンやマークXなど、
車に対してステータスを持つ年代の人間によって支えられてきた。
しかし、そういった顧客が高齢化するに伴って、
軽自動車などに乗り換えるケースが目立ってきており、
販売台数を維持するのが困難になっているのが原因とのことだ。
また、地方都市のように、軽自動車しか売れない地域もある。
日本では税制上のメリットから軽自動車人気が続いている。
こうした顧客を取り込みたいのも今回の販売に繋がった。

しかし、子会社で軽最大手のダイハツ工業に配慮したのか、
ベースになるのは ダイハツ「ムーヴコンテ」で、価格は112万〜161万円。
トヨタ独自のキャラクター付けはされないようで、
実質的にはダイハツ「ムーヴコンテ」に、
トヨタエンブレムを貼りつけただけのものである。

その実質的に競争相手になってしまうダイハツに配慮してか、
当面はテレビCMを流さず、車の展示店舗も限定するなど、
静かなスタートになるようだ。 

今後、ムーヴコンテの他にもハイゼット(軽商用車)など、
ダイハツから計3車種についてOEM車の導入が検討されている。

トヨタは、そのポリシーを貫くかなと、私は思っていたんですけどね。
まあ、生活が苦しい人間が増えているこの現代の世の中。
軽に対する税制が変わらない限りは、今後も自動車の中での、
軽の販売率はどんどんあがっていく気がします。
トヨタもこの流れには逆らえないですね。
posted by りょう at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事的出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。